前にすること

香典袋を持つ女性

身内が亡くなると、お葬式を出します。まず、亡くなられたという事実を親戚、友人などどの範囲までお知らせするかを決めなくてはなりません。
最近では、家族のみ・親しい方のみといった小規模でお葬式をされる方も少なくありませんが、そういった希望がある場合は、訃報は身近な人でとどめておきます。お葬式の規模によって、会場の広さが決まります。
広い会場ほど価格が高くなります。また、比較的安価な公営斎場・民間斎場・葬儀社が運営する斎場など、斎場のタイプによっても、価格は異なります。
宗教によっても準備は異なります。日本ではほとんどのお葬式が仏教に則った仏式です。
仏式の場合は、代々その家で付き合いのある菩提寺に連絡をします。遠方之場合でも、菩提寺に連絡し、近隣の僧侶を派遣してもらうことができます。
お墓がある場合は、そのあとのお付き合いもありますので、菩提寺への連絡は欠かせません。

お葬式の準備は亡くなられたすぐ後からはじまります。
多くの方が病院で息を引き取りますが、病院から自宅もしくは斎場などに安置できる場所へ移送するのも葬儀社に依頼するからです。
ご遺体を安置すると同時に、葬儀社との打合せで、先述したような規模や形式をはじめ、棺・祭壇・遺影・香典返し・料理・受付などあらゆる事柄を決定します。
近年では、低予算でできるお葬式や小規模のお葬式のニーズが高いことから、低価格なお葬式プランを用意する葬儀社が増えています。
同時に、葬儀に関する様々な事柄がサービス化されており、遺族の負担が軽減されつつあります。
あらかじめ、事前相談サービスを利用して、その葬儀社のサービス内容をリサーチしておくと亡くなられた後もスムーズに準備することができます。