プランを考える

数珠

葬儀は亡くなった故人が信仰していた宗教に沿って行うのが基本です。
日本では無宗教な人でも仏教に沿った形で葬儀を行うのが古くからの習慣となっています。
仏式の葬儀の前には通夜があります。
遺族が一晩中棺に寄り添い、お線香やロウソクの明かりを絶やさないようにして故人と最後の夜を過ごします。
通夜では僧侶による読経と弔問客によるお焼香もあります。
そして最後に弔問客に通夜ぶるまいが振るまわれて解散となります。
葬儀とは遺族やごく親しい身内の人しか参列しない、一番厳かな儀式です。
しかし、今は告別式とセットになって行われる傾向があるため、一般会葬者も参列するようになっています。
葬儀・告別式では喪主の挨拶や出棺式があり、故人と最後のお別れをします。

最近は大掛かりな仏式の一般葬を行うケースが少なくなってきています。
その代わり増えているが家族葬、直葬などです。
特に直葬は一番シンプルな儀式で、火葬だけ行うことを言います。
基本的には火葬場の使用料だけで済むのでリーズナブルです。
直葬に代表されるように、葬式の形は年々簡略化されつつあります。
通夜も昔は仮通夜や本通夜がありましたが、今は2時間程度の「半通夜」が普通になっています。
シンプルになっているのは「残された遺族に経済的な負担をかけたくない」と思っている人が多いためです。
また、忙しい現代人でもサッと参列できるように儀式が短時間になっているのもあります。
いずれにしてもこれからも簡略化した葬式が広がっていくことが予想されます。