前にすること

香典袋を持つ女性

人が亡くなった場合はいろんな手続きが必要となるが、葬儀を行なうためにはまずは遺体の安置場所を決めなければならない。その後に式の形を決めるために、故人の宗派を確かめることが大事である。

Read more »

プランを考える

数珠

葬儀プランナーという業種の人々がいるので、事前に要望があれば決めておくことができる。お金も必要になってくるので、どの程度まで貯めておけば良いのか、墓石の相談もできる。

Read more »

個性的な形式

ろうそく

一般的な葬儀でも宗派によって異なるが、その他にも直葬や家族葬など、色んな形式の式がある。経済状況などを鑑みて、故人やその家族らしい式の形を実現することができる。

Read more »

後にすること

寺院の内部

葬儀が終われば国民年金や労災保険などの細々とした手続きが必要になる。また、一周忌などの主要な法要や、納骨についても決めることになるので、必要な項目はチェックしておく必要がある。

Read more »

事前にチェックする

仏壇

川口で葬儀をお考えならこちら。事前相談や、生前相談にものってくれるので、希望通りの葬儀を行なうことができます。

人が亡くなった場合の埋葬の方法は国の法律によって定められている。
このため、亡くなった人の死を悼む間もなく、手続きに追われることとなる。
こうした手続について知っておくことは、そのときになって慌てることなく、心構えを作ることができるので大事なことである。
心構えができていれば、葬儀についても落ち着いて考えることができ、後悔しない式にすることができるのである。

このサイトでは、葬儀の時に必要となる書類についても説明する。
まず、法律で決められているのが、死亡届や(埋)火葬許可証交付申請を行なうことである。
葬儀の後は墓を作り、その中に火葬した骨を埋葬することになる。
この時も埋葬許可証が必要となる。
死亡届は海外で亡くなった場合になると、国内で亡くなった場合とは手続きも異なってくる。
その他にも免許証の返上など、様々な手続きが必要となるので、事前に知っておくと良い。

また、葬儀を行なうとき、故人がどんな葬儀を望んでいたのかを知る必要がある。
エンディングプランナーという仕事があるが、故人が葬儀に要望するプランを決め、相談を受けることを仕事にしている。
生前に事前にこうしたプランが周囲の人に言い渡されている場合、葬儀についてあれこれ考えることが少なくなり、楽である。
事前に計画し、家族のそういった心労を減らしてあげるというのも、良い制度であるといえ、とても現代的である。

オススメリンク